集客効果UPの強い見方! 新聞折り込み活用術

地域をしぼって集中的に販促を行うことで知名度をUP!!

集客に大切な事は、まず「知ってもらう事」です。知らないお店に行こうとしてもは、たまたま前を通りかからない限り難しいですよね。 認知度を上げる事が集客への第一歩です。
新聞折り込みやポスティングは地域をしぼってターゲットの元へ直接情報を発信することができるため、認知度を上げるとても効果的な販促手段です。

当社で印刷したチラシや輪転チラシを当社で新聞折り込み手配やポスティング手配が行えます。
新聞折り込みなら最低2,000部、ポスティング手配なら最低1,000部から対応が可能です。
新聞折り込みもポスティングも全国手配可能です。
ぜひ一度当社までお問い合わせください。

新聞折り込みは主婦や高齢層をターゲットに

まずは、どんな人にチラシを読んでほしいかターゲットを確認しましょう。

新聞折り込みは、新聞購読者にのみ届きます。朝、出勤前に新聞を読むお父さんは、折込チラシまで読む時間はありません。
また、一人暮らしの若年層は、新聞購読率が低くいため少し不向きです。

ということは比較的家にいる時間が長い主婦や高齢層が空いた時間に折込チラシを見る事が多いでしょう。
ターゲットをしっかりと決め、目的にあった内容やデザインでチラシを作成しましょう。

売れる折込チラシを作るためのポイント

チラシ束の親紙は上質紙が選ばれます!

親紙とは、チラシを挟みこんで束にするチラシです。一番上にくるので、必ず目に止まります。
基本的にはその日の折込チラシの中から親紙に向いているチラシが親紙に選ばれます。
親紙に適した紙は、上質紙の70kgや90kg、薄紙チラシより少し厚めの紙です。大きさはB4サイズがいいようです。折込チラシは機械で束にする際、コート紙の様につるつるした紙は滑りやすく、うまく折れない場合があるため、上質紙のように表面にざらつきのある紙の方が好まれます。薄い紙も同様うまく折れなかったり、破けてしまう恐れがあるため折りを入れる親紙は厚めのチラシが選ばれます。