環境保護への取り組みをPR 〜間伐材紙を使ってみよう〜

間伐材紙ってなんだろう?

間伐材紙とは、原料の一部に「間伐材」を使用した紙のことです。

間伐材とは、混みあった森林の木々に適度な間隔を与えるために伐採された木材のことです。
野菜を育てる時もタネを巻いてから芽が出てきたら丈夫な苗だけ残して間引きしますよね。これと同じようなイメージです。

日本は国土の2/3が森林です。都心に住んでいるとなかなか気がつかないですがとっても緑豊かな国なんです。
そのうち約40%が人工林。人工林は人が樹木した森林で、天然林に比べ木が密集して植えてあるので定期的に間伐などの手入れをすることがとっても大切なんです。

木が密集したままだとお互いの成長を妨げ、幹が太くならなずヒョロヒョロと細長い木になってしまいます。
また木の葉の影になり地表に太陽の光が届かず、木の下には植物が育たなくなります。すると雨が降ったりすると表面の土が流れてしまい山崩れの危険も出てきます。

間伐することによって、森林が茂りすぎるのを防ぎ、木の下には植物が育ち木の根を守ってくれます。

間伐材紙を取り入れよう

環境に配慮した紙をお探しの方は間伐材紙を使ってみてはいかがでしょう。
ベストプリントで取り扱っている間伐材紙の原料である間伐材は全て国産材を使用していますので、間伐材紙の取り入れる事は国内の森林の健康を保つことに役立ちます。そして健康で豊かな森林が地球温暖化を抑えることに繋がります。

間伐材マークを表示しよう

間伐材マークは、間伐材を使用した製品に表示することができます。
しかも、チラシ印刷など販売目的でない印刷物へのマークの使用は普及促進用マークとして、無料でご使用いただけます。

チラシ印刷に間伐材紙をご利用の場合は是非間伐材マークを表示しましょう。
間伐材マークを表示して間伐材紙を使っていることをPRすれば、販促チラシで環境保護への取り組みもPRすることができ、まさに一石二鳥です!

申請からマーク取得まで2~3週間ほどかかります。詳しくは全国森林組合連合会 間伐材マーク事務局のサイトをご確認ください。

ベストプリントの環境への取り組み

ベストプリントでは間伐材紙を含む環境ラベル対応紙の売上の1%を森林保全団体へ寄付いたします。
そのため環境ラベル対応紙をご注文いただくと印刷物に下記の文言をご掲載いただく事ができます。
 

この印刷物の費用の1%は森林保全団体に寄付されます。

 

おまけ

「間伐材紙では予算が合わない」または「使用したい用紙が決まっている」という場合は是非こちらをチェックしてみてください。
ベストプリントでは、環境ラベル対応紙以外の用紙や用紙以外の商品をご注文いただく際にも森林保全活動にご寄付いただくことができる「森募金」の寄付オプションをご用意しています。
森募金をご利用いただくと、1部につき1円から森林保全活動にご寄付いただけます。
 

 

関連記事:

森募金だより「ベストプリントの森募金ができるまで」
森林のおさらい「木は二酸化炭素を吸収する」
ベストプリントの寄付プログラム「森募金」のご紹介
森林保全と花粉症の意外な関係
環境ラベル対応紙を取り入れて環境保護への取り組みをPR