デザインフェスタに出てみた。反省やら感想やら。

社内でも紆余曲折あり、楽しさと大変さがこれでもかと詰まったデザインフェスタ45参加。
そんな初参戦は一言で表してもやっぱり、面白かった!でもすごく大変だった!!

実は直前から当日まで少しずつレポートをする予定だったのですが、見事に時間に追われ、早くも今日になってしまいました。

今回はそんなデザインフェスタ初参戦記として、感想や反省などを書いてみようと思いますので、ベテラン出展者さんは温かく、これから参加を検討されている方は少しでもご参考になればうれしいです。

どんなもので出展したか

デザインフェスタをご存じない方もいるかもしれませんので、簡単にご紹介すると、デザインフェスタ(略してデザフェス)は「アジア最大級のアートイベント」を掲げ、ハンドメイドだけでなく映像や絵、舞台作品まで「オリジナル」であれば参加資格があり、毎回応募枠が抽選になり1万人を超える出展者が参加しています。

今回ベストプリントでは紙を使った雑貨や制作物を展示、特別仕様のサンプルを用意して参加しました。

当日のテーブルはこんな感じ

ボードにはクラフトアートを作成して展示

実は今回の参加、3月4月の繁忙期とまるかぶりしてしまったことで作業時間の確保ができず、、
2週間前の時点で3分の1以下しかできていない!?状態で期日が近づいてしまいバタバタ参戦でした。

初回の主なメンバーは普段WEB周りの作業をしている班ということで中々デスク前から動けず、
結果、参加前日はほとんどPC前にいないという追い込まれ具合で社内の注目を集めることに。

長机の扱いはとてもむずかしい!

そんなこんなで何とか当日に間に合わせたのですが、
次に当たったのはレイアウトの壁!むしろ壁のレイアウト!!

最初はメイン通路側に長机と商品を並べて、ブース内の展示も同じ方向から見えるように配置

イマイチ壁を生かせてない気がする

という思いつき感たっぷりな理由から2日目にレイアウトを変更

・・・・・

うん、変わらないな・・・・・

教訓:壁を使い倒すなら長机を使うな

スタッフにとっては便利な長机ですが、Mブース以上でエリアを使いつくすのであれば机の大きさも工夫する必要がありそう。。
少なくとも通路側に置くならブースをふさがない形がよさそうです。。。
※今回ベストプリントの参加エリアはLブースです。

紙見本帳大人気!ありがとう!!

事前に多めに準備してはいたものの、撤収時には残り4つまで減った紙見本帳
次回の参加時には工夫しないといけないなと思いました。

今回参加してみて、普段サイトを使ってくださっている方が声をかけてくださったり、デザインの会社様から色々とお話を伺えたり、画面を通したコミュニケーション以上に気づいた点や面白さを体験することができました。

ただ、初参加らしく数々の事件に見舞われ、、、

初日の朝に思いのほかピアスお持ち帰り頂き、急遽午前中ずっと追加制作
配送、レンタカーともに使わず自力で持っていく→紙の重さとんでもない!
前日の時点でお釣りが少ない→スタッフ1名「私、家に100円沢山あります!」(なぜだ)
お客さん 「これって普段どこで売っているんですか??」
スタッフ 「いつもは販売していないのですが、お問い合わせいただければ、、」
お客さん 「???」
スタッフ (もしや雑貨屋もやっていると勘違いなされている??)

他にも次々に起こる出来事に追われているうちにあっという間に過ぎた2日間でした。

 

 

結論:計画性はとても大事

 

 

あと受付はぜひ女性陣にお願いしてみましょう。
写真を撮っている筆者は少し背が高めなのですが、入口に座っていると何ともいえない圧迫感です。

デザインフェスタでは女性の出展者、来場者の方が多いこともあり、
安心感の違いなのか、やはり話しかけたり声をかけて質問をしやすい事を考えると女性の方に1名はお願いできると親切なのかな?と思いました。

 

参加にあたりご協力、ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!

これからも印刷通販ベストプリントをどうぞよろしくお願いいたします。