簡単!壁掛けカレンダーなりきりペーパーウィッグ!!

こんにちは。子供の頃、毎月最終日または月初めに、使用済みの壁掛けカレンダーの用紙を使って落書きや工作をしていた、なんて経験ございませんか?
壁掛けカレンダーくらい大きくて丈夫な紙は、なかなか手に入らないので、使用済みカレンダーは子供の頃の楽しみの一つでしたよね。

 

そこで今回は、使用済みの壁掛けカレンダーを使ったヘアウィッグの作り方をご紹介いたします!
とっても簡単なので、ぜひお子さんと一緒に作ってみてください!

 

材料

 

・壁掛けカレンダー2枚(今回は折り紙で代用)
・色鉛筆(クレヨン、絵の具なんでもOK)
・ハサミ
・セロハンテープ

今回は、使用済みの壁掛けカレンダーが手元になかったので、折り紙で代用してミニサイズを作ります。

 

(1)下書き

 

カレンダーの白い面(裏面)ウィッグの形を下書きします。下書きは1枚だけでOKです。
余った余白に女の子ならリボンやティアラ、男の子なら王冠や 角、眉毛など装飾品も作ってみましょう!
仕上がりの際、下書き線が気になる場合は、カレンダーが印刷されている面(表面)に下書きを描いても構いません。その場合は、完成形は表に白い面がくるため、デザインが反転するので注意してください。

 

(2)下書きにそって切る

カレンダー2枚を重ねて、下書きにそって切ります。
重ねる時は、表裏ともに「外側が白い面」「中側が印刷面」になるようにします。
(下書きを印刷面に描いている場合は「外側が印刷面」「中側が白い面」)

この時、前髪側の紙は顔が出る部分を切り抜きます。

 

(3)色を塗る

 

切り終わったら、白い面に色ぬりをしましょう。
もしくは色を塗り終わってから、切りましょう。お子様が色ぬりする場合は、色を塗ってから切った方がいいかもしれないですね。

 

(4)テープで2枚をくっつける

色を塗った面が外側になるように重ねて、下部分を頭が入る程度残し、周囲をセロハンテープで止めたら出来上がり!

 

 

今回は折り紙でミニサイズを作ったのでかぶれませんが、かぶるとこんな感じ!

 

 

サイドの髪(紙)を耳にかけても可愛い!

 

いかがでしたか?使用済みの壁掛けカレンダーの他にも、ポスターや紙袋でも代用できます。
好きなキャラクターやオリジナルデザインのペーパーウィッグを作ってみてください!

 

印刷通販ベストプリント

〒110-0016 東京都台東区台東2-9-1-1F

ご注文に関するお問い合わせ:03-5817-8343

[受付時間]
平日 09:00~21:00
土曜 10:00~17:00
日曜・祝日 10:00~14:00

https://www.bestprints.biz/