森募金だより「ベストプリントの森募金ができるまで」

森募金は、ベストプリントで印刷物をご注文いただく時に1部につき1円から森林保全活動にご寄付いただける寄付オプションです。2017年6月からスタートして、うれしいことに少しずつご利用者数も増えてきています。

 

森募金について

 

まずはベストプリントで実施している、寄付プログラム森募金についてご紹介します。

 

ベストプリントで印刷物をご注文いただく時に用紙を問わず、少額から森林保全団体にご寄付いただけるというプログラムです。
印刷物は主に紙を使い、紙は主に木から作られています。紙を消費するばかりでなく、森林を作るお手伝いになる企画を作りたいという思いからスタートしました。

ポイントは、

 

用紙を問わない
・・・環境に配慮した紙以外でも、森募金をつけると環境に配慮した印刷物になる

納期を問わない
・・・事前申請は不要で急ぎの印刷物にも対応

紙以外にも使える
・・・Tシャツ、風船、のぼりなどベストプリントにある商品ならなんでも対応

ご寄付いただいたことを印刷物に掲載できる※
・・・印刷物が本来の目的の他に企業のPRツールになります

 

という点です。

※掲載できる内容は寄付額によって変わります。詳しくは森募金をご覧ください。

 

環境への取り組みのハードルを下げたい

 

ずっと印刷物での環境への取り組みは、少しハードルが高いように感じていました。
最近は、企業の環境への取り組みが活発になり、FSC森林認証紙やその他の環境ラベルに対応した紙を使った印刷物も、よく見かけるようになりましたが、予算的に導入が難しいケースも少なくありません。思いはあるのに、予算の都合で実際に取り組むことができないのはもったいないことです。
なので、中小企業や個人のお客様でも、環境問題に関心のある人達が気軽に取り組める企画にしたいと思いました。
また、継続してご利用いただくには、ご寄付いただくことがお客様にとってメリットにならないといけません。お客様にお気持ちを寄せていただくばかりでなく、積極的にPRツールとしてもご利用いただけるように、ご寄付いただいた旨を印刷物に記載いただけるようにしました。

 

植林活動に限らず森林保全の様々な活動を支援

 

企画当初は「植林活動」への寄付という方向で企画を進めていました。「木を使うんだから、木を植える活動に寄付することに意味がある」と思っていました。しかし、寄付先候補の森林保全団体のお話を伺ったり、色々と調べていくと、国内では植林よりも、間伐などの森林整備の方が重要であることを知りました。
もちろん植林が必要な土地もたくさんあります。足尾の植林活動などは有名だと思います。震災跡地や噴火跡地などの復興支援植林プロジェクトも多くあります。でも、日本は国土の約70%が森林である豊かな森林国なんです。そのうち約41%が人工林。人工林は人の手で木を植えた森林で、定期的な管理が必要になります。そのため植林活動に限らず森林保全の様々な活動を支援しようと思いました。

 

森募金が森林を守るお手伝いになるとともに、ベストプリントをご利用いただくお客様の環境への思いの更なる広がりに繋がることを願っています。

 

余談ですが、最近ホームセンターなどのバーベキュー用品コーナーにある木炭の多くに「管理された森から伐採した原料」など環境に配慮した商品であることを示す表示がついているに気がつきました。
木材コーナーでも、FSC認証材や間伐材などの記載がある商品を多く見かけるようになりました。もしかするとこれまで気が付いていなかっただけで以前からあったのかもしれませんが、何気ない日常の小さな表記に気がつくようになり、少し環境への意識の高まっているのかなと思う時があります。

 

これからも森募金を通して、自然や環境のことについてのご紹介をしていきたいと思っています。
少しでも森募金に興味を持っていただけたらうれしいです!

 

ベストプリントでは印刷物をご注文する際、1部につき1円から森林保全活動にご寄付いただける寄付オプション「森募金」を実施しております。
森募金について詳しくは是非ベストプリントのサイトをチェックしてみてください。

森募金について詳しくみる

 

関連記事:

森林のおさらい「木は二酸化炭素を吸収する」
ベストプリントの寄付プログラム「森募金」のご紹介
森林保全と花粉症の意外な関係
環境保護への取り組みをPR 〜間伐材紙を使ってみよう〜
環境ラベル対応紙を取り入れて環境保護への取り組みをPR