紙=白だけじゃない!特殊紙の世界

『紙』というと、真っ白な無地の紙を思い浮かべる方が多いと思いますが…。実際世の中には、色付きの紙、柄入りの紙などさまざまな紙が流通しています。

同じ印刷データでも、選んだ紙によって印象も変わってきますので、紙選びはとても重要な工程のひとつです。今回は、その紙選びの選択肢となる『特殊紙』の一部をご紹介いたします。ぜひ、「どんな仕上がりになるのかな?」と想像しながら読んでみてくださいね。

柄が入ってる系

しこくてんれい

羽のような繊維状の素材が漉き込まれた高級和紙のような紙です。名刺や招待状などでの活躍が期待できます。

玉しき あられ(左)きっか(右)

和風の色合いや柄がかわいらしいですね。この『玉しき あられ 朱』『玉しき きっか たんぽぽ』は個人的にはとても好きな紙なのですが、実はすでに廃盤となり、現在の在庫がなくなり次第終了とのことです…。寂しいですが、一期一会があるのも特殊紙の醍醐味と言えるかもしれませんね。

この『しこくてんれい』や『玉しき』のように、紙自体に色柄のある用紙は、黒1色での印刷でも充分華やかな印象になります。

 

透けてる系

クラシコトレーシング-FS

印刷機対応のトレーシングぺーパーです。淡い色のカラーバリエーションがあり、ご覧の通り下の色・柄が透けるので、どんなものに重ねるかで表情が変わります。本の帯やカバーなどに活用してみたいですね。

 

クロマティコ

こちらは鮮やかな色が特徴のトレーシングペーパー。斤量が幅広く厚めのものもあるので、パッケージにも活躍しそうですね。

 

キラキラ系

ミランダ

3色のガラスフレークを特殊な加工で表面に塗布しており、見る角度によってキラキラと輝いて見える特殊紙です。

ラメ感がわかりやすい【ミランダ 黒】で動画を作ってみましたが、わかりますでしょうか?このキラキラ感。角度によって、満天の星空のような輝きが広がります。

 

ペルーラ

既におなじみでしょうか?ベストプリントでもお取り扱いのある、ペルーラスノーホワイト。真珠のような輝きをもつ用紙です。

 

手触りいい系

淡クリームキンマリ

文芸本でよく見る、いわゆる書籍用紙の一つです。文字を印刷したときに読みやすいく、束ねたときにめくりやすく、実用性に富んだ用紙です。

 

ファーストヴィンテージ

色鮮やかなクラフト紙のような紙…というとイメージしやすいでしょうか?再生紙のような繊維とカラフルな色で視覚も楽しく、ザラッとした手触りで触感も楽しく。名前の通り、ヴィンテージやアンティークなど、歴史やぬくもり感じさせるイメージにぴったり。

 

今回ご紹介した紙は特殊紙の中のほんの一部です。他にも布のような紙や、折っても元に戻る紙、水に濡れても平気な紙など「これ本当に紙なの?」と思ってしまう特殊なものもございます。また機会がありましたら改めてご紹介できればと思います!

 

ただいま投票受付中!

ベストプリントで取り扱い開始する用紙を、あなたの一票で決めてみませんか?各部門から全4用紙がエントリー中!最も票を集めた用紙はベストプリントで印刷注文できるようになります。

また、投票に参加していただいた方から抽選で3名様に、特殊紙の試し刷り権をプレゼント!