PDF/X-1a入稿のすすめ

PDF/X-1aってなに?

PDF/X-1aとは、印刷に適した規格である「PDF/X」の1種類です。
「PDF/X」には「PDF/X-1a」「PDF/X-3」「PDF/X-4」などがありますが、中でも最も基本的なフォーマットが「PDF/X-1a」です。

なぜPDF/X-1aがいいのでしょう?

PDF/X-1a をおすすめする大きな理由は、

・データ不備が起こりにくい
・入稿データが軽くなる
・仕上がりが意図しないカラーになる事が少ない

という点です。

もう少し詳しく見て見ましょう。

(1) フォントのアウトライン化不足による不備がなくなる。

フォントのアウトライン化不足はもっとも多いデータ不備の一つです。
PDF/X-1aはフォントが全て埋め込みになるので、フォントのアウトライン化をしなくてもOK!

 

(2)画像のリンク切れによる不備がなくなる。

こちらも非常に多いデータ不備。
Illustrator入稿の際、画像がリンク配置の場合、リンク画像も一緒にご入稿いただく必要があります。しかし、うっかりaiファイルのみ入稿してしまうという事がよくあります。
PDF/X-1aは画像が全て埋め込みになるので、リンク画像を一緒にご入稿いただく必要がありません。
また、リンク画像が不要なので入稿データが軽くなります。

 

(3)透明効果は分割され、仕上がりの色のブレを防げる。

IllustratorやIndesignの透明効果を使う場合「分割・統合」設定を行わないと色のブレなどが起きてしまいます。
透明効果の分割をしないと仕上がった印刷物の印刷効果部分が「なんか色が全然ちがう!」という事になり兼ねません。
しかし、データ不備チェック項目対象外ですので、設定されないままご入稿いただいても印刷は進行してしまいます。
PDF/X-1aは透明効果が分割されるので安心です!

 

(4)RGBで作成してしまってもCMYKに変換される。

RBGカラーでご作成いただいたデータは、印刷用にCMYKカラーに変換する必要があり、変更していないと仕上がりが暗くくすんだ感じになってしまいます。
しかしこちらもデータ不備チェック項目対象外ですので、RGBデータのままご入稿いただいても印刷は進行してしまいます。
PDF/X-1aはCMYKに変換されるので安心です!

 

続いては入稿データの種類についてのお話です。

入稿データの種類について

ここで、ベストプリントにご注文いただいている入稿データの種類の割合をご紹介いたします。

1位・・・Illustrator

全体の半分近くがaiデータの入稿です。

2位・・・PDF/X-1a

全体の1/4くらい。PDF(その他)の中にも時々X-1aもあるので実際はもう少し多いかな。

3位・・・PDF(その他)

4位・・・その他

(※2017年 上半期)

という感じです。やはり圧倒的に多いのがllustrator(ai形式)です。
llustratorでデータを作成するという事が大きな理由です。

実はこの「Illustrator」データを「PDF/X-1a」に変換する事ができるんです。
なので特別なソフトを使って作るのではなく、いつものIllustratorで作成したデータを「PDF/X-1a」に変換してご入稿いただくだけで、データ不備を大幅に削減できるんです!

PDF/X-1aデータの作り方

「PDF/X-1a」データの作り方は簡単です。プリセットをダウンロードいただき設定するだけで、IllustratorやInDesignからPDF/X-1a形式のPDFを保存することができます。なお、「PDF/X-1a」入稿でも不備となるデータチェック項目もございますのでご注意ください。
プリセットのダウンロードや設定方法、注意事項について詳しくはベストプリントのサイトをご覧ください